Yappli Support Desk

アプリ作成から申請までをサポート!

【基本編】カタログ機能の使い方

最終更新日: Nov 29, 2016 04:43PM JST

複数の商品やサービスの画像に、様々な説明や紹介文をつけて表示することができます。
ECサイトへ誘導もできますので、アイデア次第で人物図鑑や不動産紹介など様々な活用が可能です。




ここでは、カタログ機能で商品やサービスを紹介する手順をご紹介します。

①まずは紹介したい商品やサービスの画像をアップしましょう

 
  1. ①の商品登録タブを選択します。

  2. ​②の新しい画像をアップロードをクリックします。

  3. ③の​開いたフォルダの中から、アップしたい画像を選択してください(※1画像2メガまでの容量制限があるのでご注意ください。 また、複数画像をまとめてアップロードする際は、20画像20メガまでの容量制限があります)

  4. ④の新しい商品グループを登録をクリック。新しい商品グループができるので、同様に商品登録します。商品やカテゴリごとに画像をグループに分けして登録することも可能です。





アップロードした画像は、①商品グループ編集をクリックし、画像をドラッグ&ドロップすることで、並び替えや別のグループへ移動することができます。



②続いて、商品のスペックや紹介文などの表示内容と表示方法を決めましょう

①の項目設定を選択します。
②で、各項目ごとに「有効」と「無効」を設定します。項目名を編集することも可能です。左端の十字キーで移動させることで、表示順を変更できます。

  • 管理用の入力項目:商品を管理するために必要な情報。アプリ内には表示されません。

  • 入力項目:ユーザーに伝えたい商品情報を登録します。

  • ​ツールバーのボタン:外部サイトやアプリ内へのリンクに使用します。






商品の表示方法は、下記3つのタイプから選択することができます。 設定が完了したら必ず「保存する」ボタンを押しましょう。

  • タイル表示(長方形)

  • タイル表示(正方形)

  • リスト表示





デフォルトをタイル表示に設定している場合でも、リスト表示へ切り替えた場合にタイトルが表示されますのでわかりやすいタイトルを設定しておきましょう。


【応用編】項目設定の「キーワード」を活用する方法
項目設定にあるキーワードを利用すると、各機能からリンクさせる際に設定したキーワードごとに絞って表示させることができます。


 

お問い合わせ

support@fastmedia.jp
http://assets0.desk.com/
false
desk
Loading
seconds ago
分前
minutes ago
1時間前
hours ago
日前
days ago
false
Invalid characters found
/customer/ja/portal/articles/autocomplete