Yappli Support Desk

アプリ作成から申請までをサポート!

これだけは覚えておきたい!Google アナリティクスで見るべき5つのポイント

最終更新日: Dec 19, 2016 04:39PM JST

Yappli で制作したアプリは、Google アナリティクスで解析ができます。
(現在、法人プランのお客様のみ無料で提供しております)

Google アナリティクスを使うことで、ユーザーの利用状況を解析し、アプリのコンテンツを改善していためのPDCAサイクルを回すことができます。
その反面、「機能が多すぎて、使い方がよくわからない」という方も多いのではないでしょうか。

今回は、Google アナリティクスでアプリを解析する際に基本となる5つのポイントをご紹介します。

⒈ 新規ユーザー数(ダウンロード数)を見る

⒉ ユーザーの概要を知る

⒊ アクティブユーザー数で、実際にアプリを使っている人数を見る

⒋ スクリーン数で人気のあるコンテンツを知る

⒌ プッシュ通知がどのくらい開封されているか見る

 

⒈ 新規ユーザー数(ダウンロード数)を見る


①ダウンロード数を調べたい期間を設定します。
②メニューの「集客」を選択し、一番上の「新規ユーザー」をクリックします。
③日・週・月ごとの表示形式を選択します。
④設定した期間のダウンロード数が表示されます。



⒉ ユーザーの概要を知る


①ダウンロード数と同様に期間を設定したら、メニューから「ユーザー」を選び、「サマリー」をクリックします。
②それぞれの指標の意味は以下の通りです。

「ユーザー」
 指定した集計期間において、サイトへの訪問した人数から重複を除いた人数です。

「セッション」
 ユーザーが訪問した数(アプリを開いた数)です。30分以内でページを遷移しつづければ同じセッションとしてカウントします。
 
「スクリーンビュー」
 
ページが閲覧された合計回数です。(PV数)

「セッション別スクリーン数」
 スクリーン/セッションで割った数です。
 1回のセッションで何ページ閲覧したかが計測できます。

 




⒊ アクティブユーザー数で、実際にアプリを使っている人数を見る


①ダウンロード数と同様に期間を設定したら、メニューから「ユーザー」を選びます。
②サマリーの下にある「アクティブユーザー数」をクリックします。
③月間で1回以上アプリを開いたユーザー数が表示されます。
④1日のアクティブユーザー数から7日以内、14日以内の結果も閲覧可能です。
 



⒋ スクリーン数で人気のあるコンテンツを知る


①ダウンロード数と同様に期間を設定したら、メニューから「行動」を選びます。
②サマリーの下にある「スクリーン」をクリックします。
③アプリ内のコンテンツがスクリーン名に表示されます。(機能設定でつけた名称が反映されます)

④設定した期間、そのスクリーンを閲覧した数が「スクリーンビュー」として表示されます。
 





⒌ プッシュ通知がどのくらい開封されているか見る


①期間を設定したら、メニューから「行動」を選びます。
②「イベント」をクリックし、「サマリー」または「上位のイベント」をクリックします。
③イベントカテゴリとして「プッシュ通知」が表示されます。

④合計イベント数より、設定した期間のプッシュ通知開封数がわかります。
(なおプッシュ通知は、⑴端末のホームから開いた場合、⑵アプリを開いて出てくるポップアップを開いた場合、⑶通知履歴から開いた場合の3つの開封数の合計値となります。)








 

お問い合わせ

support@fastmedia.jp
http://assets0.desk.com/
false
desk
Loading
seconds ago
分前
minutes ago
1時間前
hours ago
日前
days ago
false
Invalid characters found
/customer/ja/portal/articles/autocomplete