Yappli Support Desk

アプリ作成から申請までをサポート!

【法人版】Apple Developer Program 権限付与の方法

最終更新日: Apr 11, 2017 04:29PM JST

Apple Deceloper Programの権限付与は、以下の手順で行います。
権限付与をすることで、お客様のIDとパスワードを渡すことなく、弊社でiOSアプリの代行申請をすることができます。
権限付与の設定は、所要時間およそ5分で完了します。

前提:Apple ID及びApple Developer Program アカウントの作成を済ませておいてください。
   詳細はこちらの①、②の手順をご覧ください。

iOSアプリの代行申請を行うためには、以下の2つの権限付与が必要になります。

  1. iTunes Connect(Apple ID)

  2. Apple Developer Program

 

それでは、これらの手順を見ていきましょう。

①iTunes Connect
 
  1.作成したApple IDで、こちらからiTunes Connectへログインします。

  2.「ユーザーと役割」をクリックし、「+」ボタンを押してユーザー情報に弊社担当者名と以下のメールアドレスを入力します。


  【メールアドレス】 support@fastmedia.jp  
           ※ドメインは、@
fastmedia.jp  となりますので、ご注意ください。


  
  


  3.「役割」の「Admin」にチェックを入れ、次へボタンをクリックします。

  


  4.「保存」をクリックして完了です。

  



②Apple Developer Program

​  1.作成したApple Developer Programアカウントで、こちらからメンバーセンターへログインし、「People」をクリックします。

  


  2.赤枠の「Invite People」をクリックします。

  

  3.「Invite as Admins」にiTunes Connectの権限付与の際に入力したメールアドレス(
support@yappli.co.jp)を入力し、「Invite」をクリックして完了です。


  


以上でApple developer Programのアカウント権限付与が完了しました。
ご不明な点がございましたら、弊社担当またはサポート(
support@yappli.co.jp)までお問い合わせください。


Google Play Developer Console 権限付与の方法はこちらから▶︎▶︎





 

お問い合わせ

support@fastmedia.jp
http://assets2.desk.com/
false
desk
Loading
seconds ago
分前
minutes ago
1時間前
hours ago
日前
days ago
false
Invalid characters found
/customer/ja/portal/articles/autocomplete